住宅やオフィスの状態を綺麗に保つために必要なこと

必ず行なう

鈴木貞一郎は株式会社アトックスの取り締まりという重要な役割を担っています。大手企業として多くの方に人気です。

原状回復工事を利用する方法

原状回復工事を行っている業者に見積もりを依頼します。電話やメール等で伝える手段の他に電話で問い合わせをする方法もあります。その後現地に来て見積もりを取ってもらいます。見積もりでは立ち合いをして、設備の廃棄、撤去などの確認を業者と取る必要があります。また、見積もり時に貸主と交わした原状回復に関する契約内容が分かる資料等を用意して頂けると、業者にとっては作業内容をイメージしやすくなりより正確な見積もりを取る事が出来ます。見積もりをとった後検討する形をとり、納得できる内容であったならば原状回復工事を開始してもらうという流れなります。工事期間はおよそ2週間前後とされていますので、近隣住民への挨拶もしておいた方が良いでしょう。

退去時には義務付けされている工事

オフィスやテナントを賃貸借契約していた場合、契約終了時期が来たら借りた側は原状回復義務が定められています。店舗の場合は建物付帯物、設備の撤去、床や壁などの修繕が必要です。オフィスの場合はクロスの張替え、床の張替え、塗装、クリーニングなどの修繕が必要です。こういった工事は素人には出来ない範囲のものですので、原状回復工事を請け負う業者にお任せする形になります。原状回復工事では、内装解体工事、スケルトン工事、廃棄物処理など様々な事を行います。費用も期間もかかる事ではありますが、借契約者に必ず義務付けられていることですので、契約者にきちんとした形に整えて明け渡しをする為に原状回復工事は必ず行うようにしましょう。

ピックアップ

修繕して元に戻す

原状回復工事は、賃貸物件を退去時に行ないます。傷や破損などの修繕が必要な箇所を原状回復工事を行なうことで、元の状態に戻すことができます。最近では原状回復工事を専門とする業者も増えてきています。

安全を守る

ビルやマンションなどの高い建物に設置されているエレベーターは、定期的に点検を行なうことでトラブルに遭うことなく使用することができます。費用はかかりますが、安全を守ることができるため必要なことです。

映像で確認できる

防犯対策の一つとして、インターホンを設置する家庭が多くなってきています。従来のインターホンは声のみを聞き取るものでしたが、現在は映像機能も搭載しているため、交換する人が急増しています。